ノンシリコンシャンプーとは?

MENU

ノンシリコンシャンプーとは一体どんなシャンプーか?

ノンシリコンシャンプーとは、素材にシリコンを使用していないシャンプーを指し、昔はシリコン使用のシャンプーが主流でした。
ですがシリコンを使用したシャンプーは髪自体を痛める副作用があるとされ、最近はノンシリコンシャンプーが主流になりました。

 

ノンシリコンシャンプーが主流になった理由

シャンプー
シャンプーに使用されてきたシリコンは髪を綺麗にコーティングし、手触りを改善し艶を出すものです。
その為、以前のシャンプーにはジメチコンやシクロメチコン、シリカといったシリコンは使用されていました。
ですがこのシリコンは髪を綺麗に保つ効果はありますが、その成分が毛穴に詰まり髪への栄養を与える事を邪魔してしまう事もありました。
その為シリコンを使用せずに髪の補修成分を主にしたノンシリコン系のシャンプーが人気になってきました。
シリコン自体が悪いという訳ではありませんが、主流となる成分が自身を活かす事になってきたのです。
実際にシリコンは他の化粧品には使われており、人体に害があるわけではありません。
ですが髪自体を改善する為、髪を補修し美しく維持する為のノンシリコンシャンプーが主流となっているのです。

 

ノンシリコンシャンプーの成分

 

ノンシリコンシャンプーは髪と頭皮に良い成分が使用されており、負担も少なくなっています。
特に洗浄成分に配慮されており、アミノ酸系ではココイルやラウロイル、ベタイン系ではベタインの名称が入った成分が使用されています。
アミノ酸系は洗浄力がやや弱いものの、刺激が少なく肌に優しい成分となっています。
他にも育毛成分が付与されているシャンプーも多く、髪を綺麗にすると同時に育てる役割も担っています。
ただノンシリコンシャンプーと言っても安価なものは体に良くない成分が使用されている事もありますので注意は必要です。