ノンシリコンシャンプーのシリコンって?

MENU

ノンシリコンシャンプーのシリコンっていったい何?

ノンシリコンシャンプーのシリコンとはシャンプーに含まれるコーティング剤の一種です。
シリコンはシリコンオイルといった状態で主に入っており、髪を包み艶のある髪に仕上げてくれます。

 

シリコンの成分表示とは


シャンプーに含まれているシリコンは、主にシロキサン、シクロメチコン、ジメチコンといった表示がされています。
他にもシリカやシリル、シロキ、シランなどもシリコン成分の一種ですね。
以前はメチコンと表示があるとシリコンと判断されていましたが、他の成分も出てきています。

 

またシリコンは髪を包みこみ、保護をする役割もしてくれます。

 

髪の触り心地も改善されますので、化粧品などにも使用されており、決して人間にとって悪い成分ではありません。
ですがコーティング力が高いため、敏感肌の人などには刺激が強く肌荒れの原因ともされてしまいました。

 

ノンシリコンシャンプーのシリコンは悪いのもの?

 

シリコンは化粧品などや、シャンプーにも使われていますので、人にとって良くない成分ではありません。
安価で使い勝手もよく、しかも使用後は髪をコーティングしさらさらに仕上げてくれます。

 

ですが、すすぎ不足や刺激の強さにより肌荒れや毛穴の詰まりなど起こす原因ともなっていました。
ノンシリコンシャンプーに変更した事で毛穴の詰まりや肌荒れが改善されたケースもあるようです。

 

また微生物に分解されない事から環境要因としての悪さもシリコンの評判を落とした理由の1つです。
その為、現在は植物由来の肌に優しいノンシリコンシャンプーなどが人気となっています。
髪をコーティングするのではなく、本来の髪自体を癒やし改善する性質が優遇されるようになったのです。