ノンシリコンシャンプーと界面活性剤

MENU

ノンシリコンシャンプーと界面活性剤との関係性について

シャンプーは水分と界面活性剤で構成されており、シリコン系シャンプーはそれに髪のケア用にシリコンを付与したものです。
高い洗浄力を持つ界面活性剤は髪の汚れを落とすと共に脂分も落としてしまい、それをコーティングする為に使用されていたのがシリコンです。

 

ノンシリコンシャンプーになった理由


高い洗浄力と髪をケアする成分のシリコンは相性の良い組み合わせであり、しばらくシャンプーの主成分として使用されていました。
ですが毛穴が詰まりやすい事、環境に悪影響のある事からシリコンは敬遠され、ノンシリコンシャンプーが主流になりました。

 

またシリコン系シャンプーは成分が安価でも使い勝手が良い為、頭皮に良くない成分も使われやすいデメリットもあったのです。
洗浄力の低く刺激の少ない界面活性剤を使用したり、他のケア要素を取り入れシャンプーは変化していきました。

 

多様な界面活性剤

 

界面活性剤には石鹸系、高級アルコール系、ベタイン系、アミノ酸系などがあります。
この中でも弱酸性、低刺激希望であればアミノ酸系、頭皮が敏感タイプであればベタイン系がお勧めです。

 

石鹸系は洗った後のごわつきを感じるケースが多いですが、洗浄力が非常に高い特徴があります。
高級アルコール系は泡立ちや洗浄力が強い為、頭皮への刺激も強く抜け毛の要因となりやすいとされています。

 

現在は刺激の少ない界面活性剤に馬油などを付与したシャンプーなどが販売されており、頭皮に優しいシャンプーに人気が集まっています。
使用して即頭皮が悪化するという事はまずありませんが、自分に合うシャンプーが選べるよう、成分には配慮して選んでいきましょう。